本文へ移動

清掃作業の手順

清掃作業の手順

①事前点検

 ○清掃掃作業を円滑かつ適切に行うためには、次のような事前の調査・点検を正確に行う必要がある。
  • 貯水槽の構造・配置・容量・設置場所等の確認
  • 設備機器類、電気配置等の確認
  • 貯水槽内部の遺物混入やサビ付着等の確認
  • 貯水槽外部(マンホール、防虫網・水抜管・オーバーフロー管等)の確認
  • 作業場所及び周辺状況の安全確認
 など。

②作業準備

○現場において、依頼者との事前打合せや、事前点検の結果を基に、次のような作業準備が必要である。
  • 作業工程表の作成
  • 作業班の編成(貯水槽作業監督者、作業責任者、作業従事者)
  • 作業器具や作業機材の準備
  • 洗浄用水や消毒水槽の準備
  • 断水等の関係者への周知
  • 危険防止のための安全措置
  • 作業実施者の健康状態の確認 
 など。

③作業用器具等の洗浄・消毒

○消毒用溶液 有効塩素 50~100㎎/L 濃度の次亜塩素酸ナトリゥムを用意する。
○水槽内で使用する作業器具・機材、作業着、長靴等の着用具やマンホール等の周辺の洗浄・消毒を行う。
 
 

④残留塩素の測定

○清掃前に給水栓末端の残留塩素を測定し、記録する。
○臭、味、色、濁りの状態を確認する。
   (色度 5度 以下、濁度 2度 以下、遊離残留塩素 0.1㎎/L 以上など)

⑤槽内清掃前の作業

○給水バルブ閉栓、揚水ポンプの電源をOFF、水抜きドレンバルブを開栓にする。
○揚水ポンプを投入し、残水を排水する。(排水弁がない場合)
○清掃前に槽内の不良個所や汚水状況の写真を撮影する。
○排水後に槽内の本体や設備装置(ボールタップ、電極棒等)の点検及び、依頼者又は当協会の指示により適宜補修を行う。
 

⑥貯水槽内の清掃

○高圧洗浄機やブラシ等を使い分け、洗浄・清掃を行う。その場合、天井部分、側壁部分、床面の順番で行う。
○清掃後の写真撮影をする。(清掃前の写真と比較できるアングルで撮影することが大切)

⑦槽内清掃と再洗浄

○洗浄後、布等できれいに拭き取り、次亜塩素酸ナトリウム溶液で消毒し、30分以上放置する。
○放置後、再度槽内部の洗浄と消毒を行い、更に30分以上放置し、その後再び水洗いする。

⑧残水処理と水張り

○再洗浄後の残水を、残水処理機を使って完全に排水する。
○元バルブの開栓を行い、水張りをする。

⑨水質検査の実施

○水張り終了後、残留塩素の測定、色度、濁度、臭気、味について検査する。
○水質検査は十分放水した後に、給水栓末端の水について異常の有無を確認する。
 
遊離残留塩素
0.2mg/L以上
色    度 5度以上
濁  度 2度以上
臭    気 異常無し
異常無し
 
 
 
 
*高置水槽の清掃及び消毒は、受水槽の清掃・水張り後に、受水槽と同じ要領で行う。
           
 
 
 

⑩作業終了後の措置

○マンホールの施錠の有無や、給水栓の閉め忘れ、運転制御盤のスイッチの入れ忘れなどを確認する。
○法令に基づく水質検査を、原則48時間以内で実施する。
  (協会指定の検査機関に採水を依頼。)
 

⑪作業報告書の作成

○水質検査機関から水質検査の成績書が届いたら、所定の様式に基づいて報告書を作成する。
○会員から提出された報告書は、協会がデーターベースとして保存し、水道局及び保健所への報告書の提出を代行する。
一般社団法人
新潟県貯水槽管理協会
〒951-8068
新潟県新潟市中央区上大川前通6番町1201-4 ティーズ第3ビル5F
TEL.025-229-9510
FAX.025-229-9512
0
5
4
5
6
0
Google

WWW を検索
 n-tyosuikyou.com を検索

TOPへ戻る